歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

患者に尋ねられて困らないための「歯科治療の医療費控除」

time 2016/12/10

患者に尋ねられて困らないための「歯科治療の医療費控除」

 

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

あなたが歯科医院を

個人事業として経営していても、

法人として経営し役員報酬をもらっていても、

個人の所得税の確定申告は翌年の2〜3月です。

 

 

対象となるのは1/1〜12/31の利益です。

あとわずかな期間でそれも確定するというわけです。

 

 

実は所得税には

「医療費が多くかかった年は税金を安くするよ」

というシステムがあります。

これが「医療費控除」です。

 

 

医療費控除は要件を満たせばあなたにも患者にも

適用されて税金が安くなります。

 

 

ですからここで、医療費控除について

整理してみましょう。

この記事の公開は終了しました

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済