歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

【Open】達成率が跳ね上がる!目標設定ための3つの「必殺」ポイント

time 2017/10/19

【Open】達成率が跳ね上がる!目標設定ための3つの「必殺」ポイント

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、

歯科医院経営戦略コンサルタント、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

今年もあと2ヶ月あまり・・・

年頭に立てた目標は順調に達成されていますか?

 

 

まだ1年の1/6も残っていますから、

ラストスパートはこれからです。

気合いを入れ直しましょうね。

 

 

中には「今年の目標はこのままいけば達成できそう」

という方もおいででしょう。

 

 

そういう方にオススメしたいのが

この時期から来年の目標立案に着手することです。

 

 

来年初頭からのスタートダッシュを決めたいなら

そろそろ来年の目標を立てないと

準備が間に合わないことも出てきます。

 

 

立てた目標を経営計画に落とし込んで

具体的な施策を段取りしなくては

スタートダッシュを決めることができないからです。

 

 

今回は半年から1年くらいの期間の目標を

立てる際の「必殺」ポイントを3つお話ししましょう。

 

 

目標を立てる際の「必殺」ポイント1

成果を目標にしない

 

例えば、保険点数を40万点/月あげるとか、

インプラントを20本打つとか、

そういう「成果」を目標にしないで欲しいのです。

 

 

目標として立てるのは「成果目標」ではなく『行動目標』です。

その行動をとることで、

成果に結びつく様な行動を目標にして下さい。

 

 

先ほどの例で考えてみましょう。

「保険点数を40万点/月あげたい」なら

1回で『500点の診療』を1ヶ月間に

『のべ800人』に行えばいいわけです。

 

 

「800人」という数値は

月に20日間、診療している歯科医院では

毎日40名の診療をすれば達成できる数値です。

(ちなみに25日稼働なら32名です)

 

 

この『1月に800名診療する』とか

『1日に40名診療する』という

行動を目標にするということです。

 

 

言い方を変えれば、

【具体的に行えること】を

目標にするということです。

 

 

あなたにとって「40万点/月をあげる」が

結果ではなく、行動するだけのことなら

それは行動目標と言えます。

 

 

『1日に40名診療する』ということが

結果であって行動に結びつかないなら

さらに掘り下げて行動にまで転換する必要があります。

 

 

目標を立てる際の「必殺」ポイント2

行動は細分化して期限を短く切る

 

例えば、「毎月に100枚のリコールはがきを出す」

と、行動目標を定めたとします。

 

 

そうしたら中目標として、毎月のルーティンで

 

第1週はメッセージの用意、

第2週は送付リストの作成、

第3週は宛名印刷(シール作成)・投函、

第4週は返信・再来院等によるリストの整備。

 

という具合に細分化します。

 

 

これらをさらに細分化して

30分から1時間ですむ仕事量にすると

スキマ時間などに行動できます。

 

 

ここまで行うと目標はタスクと呼ばれる

「仕事・作業」として具体化されます。

『あとはやるだけ』にしてしまうということです。

 

 

目標を立てる際の「必殺」ポイント3

年に3〜4回、目標と計画を修正する

 

たいていのことは3〜4ヵ月すると

成果までの距離感や行動の難易度、気持ちのノリ、

効率、欲しい成果へのベクトルなどがわかってきます。

 

 

そこで修正をかけます。

上方修正でも下方修正でも構いません。

できない行動を掲げてしまったなら

できるところに再設定しましょう。

 

 

私は年末年始、GW、お盆でやるようにしています。

年末年始は達成したいことを思いつくまま、

数をたくさん出すようにしています。

 

 

緊急性はないけれど達成すべきことは

年間の行動目標に組み込まないと

今やるべき短期的なことばかりで

目標を立ててしまいがちだからです。

 

 

騒動の頻度も時間も少ないですが

行動目標に組み入れてしまって

やらざるを得ない状況を作ってしまいます。

 

 

こんな形で「行動目標」を立てると

あとはやるか、やらないか、になります。

 

 

ただし、単なる思いつきだけでは

この形での目標は立てられません。

 

 

欲しい結果・成果を考える…

その為に必要かつ有効な行動を想定する…

「タスク」まで細分化する…

期限をきる…

 

 

少なくともこれだけ考えなければなりません。

診療のない日に邪魔されない環境で

一気にやるのが効率的です。

 

 

目標を立てる際の「必殺」ポイント(番外)

行動を細分化・タスク化する

 

これには大きなメリットがあります。

それはリカバリーが比較的楽だということです。

 

 

仮に1回行動するのをサボってしまったとしても、

細分化した小さな行動なわけですから

次の1週間にちょっと頑張れば取り戻せます。

 

 

取り戻さなくても、次の回から

それまでと同じペースで行動し続けてゴールすれば

細分化した1回分の遅れなんて微々たるものです。

 

 

心の負担も小さくなります。

1度サボったことをきっかけにして

行動そのものをやめてしまうケースは

思った以上に多いものです。

 

 

完璧主義が裏目に出るとこうなりますね。

行動を細分化することで心の負担が小さくなり、

ショックとならずに行動を継続しやすくなります。

 

 

さらにいうと

行動が習慣化しやすいというおまけもあります。

 

 

目標を行動に落とし込んで、

さらに細分化・タスク化する手法は

かなり効果的で協力です。

 

 

来年の目標を決める際にやってみてはどうでしょう?

やるなら年内がさらにオススメですよ!

 

======================

 

この記事に対してちょっとでも気になったり、

心が動いたり、感心したりしたら

facebookやTwitterなどでのシェアをお願いします。

 

 

反応が多い記事は公開期限を延長したり、

閲覧の制限を緩和することを検討致します。

 

 

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「養成所見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

▼「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

http://shikaiinkaigyo.com/contact

※ 3営業日以内に返信いたします。

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済