歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

キャッシュフローが危機的状況に陥ったら…?

time 2017/12/31

キャッシュフローが危機的状況に陥ったら…?

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

不思議なもので、私のところに相談に来て
実際にコンサルティングを受ける院長というのは
経営が苦しくて仕方なく…という方はほとんどいません。

 

どちらかというと

「もっと業績を伸ばしたい!」
「この治療を受けてくれる患者が欲しい!」
「働きに応じたお金を手元に残したい…」
「自分の自由になる時間を増やしたい!」

というような院長になります。

 

つまり、
『プラスをもっと拡大したい』院長が
メインのクライアントとなっているのです。

 

あとはせいぜい
『わずかのマイナスから抜け出したい』院長が
おいでになるくらいです。

 

しかし、稀にですが
『本当に崖っぷち』という方が相談に来られます。
これ以上の業績悪化は即倒産の危険な状態です。

 

都内の商業地区で開業して9年目のA先生は、
開業後3年ほどはまずまずの業績だったものの
徐々に来院患者数が減少、経営が悪化し、
スタッフも夕方のアルバイトのみにして回していました。

 

このままさらに患者が減るようでは
ジリ貧どころか経営が立ち往生してしまいます。
このような状況で私のところに来られました。

 

私のところでは、本格的なコンサルティングに先立って
ヒアリングで問題点を洗い出すことにしています。

 

問題を解決するための
コンサルティングには費用が発生しますので、
大抵の『本当に崖っぷち』の院長は
ヒアリング以降の音沙汰がなくなってしまいます。

 

A先生は大きな決断をされて
私のコンサルティングをお受けになりましたが
こういう苦しい状況になった際には
どんな施策が有効なのでしょうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済