歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

さぁ、歯科医院経営の数値に目覚めよう!

time 2019/02/02

さぁ、歯科医院経営の数値に目覚めよう!

あなたは届け出がなされている、
国内の歯科医師数や歯科診療所数をご存知でしょうか?

 

答えはこちら。

歯科医師は10万4,533 人(平成28年12月末現在)
歯科診療所数は6万8,597施設(平成30年11月末現在)です。

 

歯科医師数は平成31年春頃に
平成30年12月末の調査結果が公表されるはずなので
ちょっと古いのはご愛嬌です(笑)

 

歯科医師数の推移を鑑みると、公表される調査結果は
歯科医師数10万6千人〜7千人というところでしょう。
ここ最近では、2年間で1千人〜2千人増えている状況です。

 

一方、歯科診療所数は平成20年に
6万8千施設を初めて超えてからは横ばいから微増という状況です。
今後もしばらくは6万9千施設を挟んでの推移が続くでしょう。

 

では、患者数や、スタッフの採用環境を左右する
日本の総人口はどのような推移となっているかはいかがでしょう?

 

こちらは平成20年に1億2808万人でピークを打ってから減少に転じ、
平成30年7月末現在の日本の総人口は
1億2649万6千人(確定値)となっています。

 

ちなみに、平成30年の出生数は92万1千人で、
明治32年(1899)の統計開始以来の過去最少を更新し、
3年連続で100万人を割っています。

 

少子化に拍車がかかっており、
そうたやすく人口減少が止まらないことが、
如実に現れた結果となりました。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
歯科医院、クリニックの集患・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

歯科医師数や歯科診療所数は増えているにも関わらず、
患者の母数となる人口の減少が明らかですから、
歯科診療所一施設あたりの収益も、歯科医師1人あたりの収入も
減少傾向となるのが当然と言えば当然です。

 

実際に平成30年の患者数が前年同時期に比べて
減ったと回答した歯科医院は31.4%、減収も31.3%にのぼります。
(保団連歯科会員アンケート)

 

また、平成30年の歯科医院の倒産(法的整理)件数は23件で、
前年の10件を大きく上回って13件も増えました。
(帝国データバンク)

 

保険診療における歯科医療費は2兆9千億円程度で
国家予算的に大幅な増額は期待できませんから、
今後はこれ以上に経営環境は厳しくなることでしょう。

 

このように「マス」な数値を把握すれば、
現在のあなたが置かれている状況や、今後予想される状況が
それなりに高い精度で予測ができるのです。

 

では翻って、あなたの歯科医院の経営状況を示す数値や指標を
あなたは把握しているでしょうか?
予測に基づいて対処の施策を行なっているでしょうか?

公開は2019年7月2日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済