歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

意識するほど迷走しやすい『競合歯科医院との違い』

time 2018/08/14

意識するほど迷走しやすい『競合歯科医院との違い』

患者の診療を円滑に進めていくには
あなたのことを患者に『この先生は大したものだ』と
思ってもらう必要があります。

 

オール満点ということではなく
その患者自身が受けようとする治療について
自分に合っていると納得すれば
継続して通院もしますし自費治療も
受けてくれるものです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

あなたが『大したものだ』と思ってもらうには
その材料となる情報を提示しなくてはなりません。
黙って治療をすれば患者はわかってくれるという考えは
患者の理解力や洞察力に甘えているとも言えます。

 

それで「患者はわかってくれない」というのは
お門違いというものです。

 

『大したものだ』と思ってもらう材料の提示とは
どういうことかというと
他の競合歯科医院・競合歯科医師と
どのように違うのかを打ち出すことです。

 

言い方を変えると、患者にとっての
「どの歯科医院も似たようなもの…」という認識を
書き換えようとしているということです。

 

しかもあなたの治療やその価値の優位性を納得しつつ…
というわけなのです。

 

競合も違いを打ち出してきます。
経営知識が浸透しつつある中で
ライバルも同様の戦略を進めてくることは十分あり得ます。
現時点ですでに先行されていることもあるでしょう。

 

そうなると、あなたとしては
どうやって「違い」を打ち出そうか…
ということを考えることになります。

 

差別化、USP、ポジショニング、ウリ、強みなど
マーケティングを少しでも勉強すると
「違い」を出す重要だという話は必ず出てきます。

 

どの院長も例外なく「違い」を考えます。
『他の歯科医院との違いは?特別なウリは?』と。

 

しかし、『考えても、考えても答えが出ない…』
という相談を私はしばしば受けます。

 

こういう場合、ちょっとした工夫すると
意外と簡単に答えが出ます。
その工夫とは【逆算】と【ずらし】です。

公開は2019年1月14日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

セミナー動画&告知

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済