歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

歯科医院を変革したいなら「脳」の仕組みを理解しよう

time 2018/03/17

歯科医院を変革したいなら「脳」の仕組みを理解しよう

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

今年は引越しの費用が例年の2倍以上に高騰しているそうです。
理由は主に2つ。

① 働き方改革の一環として
トラック運転手の残業時間に関する規制が強化され
トラック1台が1日で対応可能な引越し件数が減った。

② インターネットショッピングによる宅配の件数が激増し、
その結果、トラック運転手が流出してしまった。

 

春先の引越しシーズンには「引越し難民」が
大量に発生する可能性があると
このニュースソースでは述べていました。

 

そんな状況ですが先日、私の自宅マンションで
引越しの作業に出くわしました。

 

築年数が相当経っていて古いマンションなのですが、
利便性の良さと景観でそれなりに高評価らしく、
また一部はビジネス用の物件で会議室の用意などもあることから
空室が目立つようなことはありません。

 

そんなマンションなので投資物件として
所有しているオーナーも少なくないため
引っ越し自体がむしろ日常茶飯事です。

 

荷物の通り道となる部分の床と
角張った壁面やエレベーターに養生をして、
引越し作業中の看板が出る、よく見る光景なのですが
ふと、自分自身の引っ越しのことを思い出しました。

 

私は覚えているだけで10回以上転居しています。
それも就職して独立する以前のものが8割以上です。

 

学生当時の引越しはもっぱら「親の都合」ですが、
今になって考えるとちょっと不思議です。

 

私の親は起業しており、当然転勤族ではありません。
転居先は全て東京都区内ばかりで
近隣トラブルなどは特になかったと記憶しています。

 

特に何者かから逃げているという様子もなくて
理由もわからないまま或る日突然、
引越しの準備を言い渡されるような具合でした。

 

今思えば、きっと何かを変えたかったのでしょう。
直接尋ねてみてもはぐらかされてしまうので
真相は定かではありませんが、想像するに
何かを大きく変えるきっかけが欲しかったように思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済