歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

この質問にこんな答えが出てくるなら何の心配もない

time 2018/03/10

この質問にこんな答えが出てくるなら何の心配もない

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

たとえばこんな話を聞いて、
あなたはどう感じるでしょうか?

 

「裁判官が執行猶予を気分でつける!?」

機械学習を専門にしている
オックスフォード大学准教授のM A.オズボーン氏は、
「裁判官が執行猶予を付けるかどうか」
という判断に関する研究で次のように述べている。

 

裁判官は仕事を始めたばかりの朝方は
執行猶予を付けやすい。

しかし、時とともに執行猶予をつけなくなっていき、
寛容さを失っていく。

 

ところが、コーヒーを飲むと一気に寛容になり、
また時とともに寛容さを失っていく…

 

寛容さは仕事中には失なうばかりだが、
食事や休憩したりするたびに寛容に戻る…

このことが統計調査結果で明らかになったという。

 

この研究は、
人間は裁判官のような判断のプロにおいても
完璧ではないことを示唆している。

 

本来、執行猶予を付けるかどうかの判断は
このようなことに左右されるべきではないが、
統計調査結果を見ると実際にはそうではない。

 

 

この記事を読んで、私はついつい、
発信する情報のネタとしてとらえてしまいます。

そして主義主張の結論を
どこに持っていこうかと考えます。

 

例えば

質の高い診療を行うには意図してブレイクをとるべきだ…
集中力・判断力の維持には精神論だけでは対処できない…
精神力や根性論ではなく仕組み化・システム化を進めよう…

みたいな感じ。

 

私の反応は院長としてはやや特殊ですが、
あなたはこの記事を読んでどう感じたでしょうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済