歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

「理不尽な患者」を無理してでも切るべき3つの理由

time 2018/05/02

「理不尽な患者」を無理してでも切るべき3つの理由

もしもあなたが、歯科診療や歯科医院経営を
主体的に、かつ主導権を持って行なうことができていないなら
開業した意味が半減しているということです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

私は歯科医院経営を続けていくなら
『理不尽な患者に振り回わされるべきではない』と
考えています。

 

ですから、そうなる確率が高そうな患者は
できる限り排除したいとも考えます。

 

ちなみに、私の思う「理不尽な患者」は
明確に言葉にして想定しています。

 

「診療報酬以上のサービスを要求してくる」
「権利ばかりを主張してくる」
「自らの要求を全く譲ろうとしない」
「時間外のサポートを要求してくる」
「診療報酬を値切ってくる」
「アポイントを守らず勝手に来院する」

 

こんな患者は、目先の利益に関わらず
穏やかに足が遠のくように仕向けていきます。

 

もちろん、歯科医師法19条の
歯科医師の応召義務に違反しないようにです。

 

「理不尽な患者」は飛び込みで来院することも多いものです。
常習者ならアポイントを別の日時に取り直したり
アポイントの間隔を伸ばしたりすることで
やんわりと拒否していいと考えています。

 

現在では地域にあなたの歯科医院しか
歯科医療機関が存在しないということはまずないでしょう。

 

患者にとって来院・通院しやすい歯科医院が構築できるなら、
「理不尽な患者」にはそれとは逆の応対をすれば
近隣の別の歯科医院に転院してくれやすくなります。

 

そうまでするのは、
「理不尽な患者」が歯科医院経営にとって
大きなマイナスをいくつももたらすからです。

 

ではその代表的なマイナスを
3つほど紹介しましょう。

公開は2018年10月2日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済