歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

経営改善は感覚ではなく数値の測定から

time 2018/05/31

経営改善は感覚ではなく数値の測定から

患者数が歯科医院経営、特に収入面に大きく関わっていることは
マーケティングなどを学ばなくても
直感的に理解できることのはずです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

患者数は歯科医院に入ってくるお金(医業収入)を左右する
大きな要素の1つです。

 

例えば1日での医業収入は次のような関係式で表せます。

医業収入/日 = 患者数 × 平均診療単価

 

平均診療単価が患者の多寡に関係なく一定ならば
医業収益は患者数に比例することを示していますから、
患者数は基本的には多ければ多いほど
医業収益は増加することになります。

 

実際には患者が少ないと平均診療単価は高く、
患者が多いと低くなり傾向があるため
単純に患者数を増やすだけの戦略は
『忙しくなったけれど手元にお金は残らない』
という結果を招くことがよくあります。

 

大都市近郊のベッドタウンで開業しているS先生は
毎日忙しく診療をして体力的には限界なのに
収入の面ではあまり余裕があるとはいえない状況でした。

 

患者数が多いことで急患にほとんど対応できなかったり
アポイントの間隔が大きく開いてしまったりして
患者の満足度が下降気味なことも気になっておいででした。

 

どんな施策を行うにしても
その結果の計測と可視化(見える化)を行わなくては
「肌感覚」というあやふやなものに頼らざるを得ません。

 

S先生に行ってもらった患者数に関する計測と
そのデータの見える化について今回はお話ししていきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済