歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

見逃せない!「離職を考えている」スタッフの5つのサイン

time 2018/02/15

見逃せない!「離職を考えている」スタッフの5つのサイン

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

歯科の診療の特質上、院長先生は一旦治療に入ってしまうと
ほとんど周囲のことに目が行かなくなります。

 

極度の集中を求められる治療も多く、
外界の情報を完全に遮断した状態が続くこともあります。

 

その間の電話の応答や患者の問い合わせなどの返答などを
スタッフ任せにしている医院も多いことでしょう。

 

それが悪いことであるという気はありませんが、
そういう時のスタッフの言動などを
たまにでもチェックしたことがあるでしょうか。

 

特にチェックはしていなくても
スタッフ1人1人の働きぶりなどに注意を向け
必要に応じてアドバイスをしたり、励ましたり、
あるいは注意をしたりということを
普段から行なっているでしょうか。

 

昨今では歯科衛生士を含めたスタッフの採用は
相当厳しい状況になっています。

 

この人手不足の状況は他業種でも同じ。
2018年1月の有効求人倍率は
2.35倍と高水準をキープしたままです。

(有効求人倍率:求人数を就職希望者数で除したもの)

 

裏を返せばこの状況は、
あなたの歯科医院にスタッフが定着しにくく
かつ、離職しやすいということができます。

 

せっかく入職してくれたスタッフなら
(ましてや並以上のスペックであるなら)
長く安定して勤務してほしいものです。

 

中核都市のベッドタウンで開業して11年目というO先生は
慢性的な人手不足に悩まれていました。

 

コネやツテを使ったり、スタッフ募集を強化して
なんとか採用はできるものの
短期間で離職してしまうスタッフも多く
安定した医院運営とはなっていませんでした。

 

O先生なりに待遇を改善したり、
福利厚生を充実させたりしてきましたが、
なかなかうまくいきません。

 

やめる理由も結婚、出産や転居などの
退職もやむを得ないような理由ではなく、
なんだか曖昧な理由だったり
一身上の都合で押し通されたりで
スッキリしないことが多かったそうです。

 

何か悪いところがあるなら直したいが
どこが悪いのかもわからない、
なのでどうすべきかもわからない、
なんとかならないだろうか…

 

O先生はこのような感じで
私の元に相談に来られました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済