歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

いますぐできる歯科医院の「リピーター対策」7+1選

time 2018/07/15

いますぐできる歯科医院の「リピーター対策」7+1選

「歯科医院でもリピーター対策を…」という話しをすると、
治療の引き延ばしや過剰診療などを思い浮かべる院長がおいでです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

医療的に不必要な再受診を、
利益目的、その他で患者に課すことは、
我々医療従事者としての倫理に反します。

 

もちろんそんなことを勧める気はありません。
患者にとってもそれを主導する歯科医院側にとっても
得になることはありません。

 

「リピーター対策」というのは、
歯科医療的に再受診が必要な状況・必要なタイミングで
確実に患者に再来院してもらうにはどうするか、
ということを意味します。

 

一部の患者は『再診料が欲しいから』金儲けのために
細切れに来院させていると思っているようですが、
そうではないことはあなたが1番よく知っていることです。

 

歯科医院経営を取り巻く背景はこの30〜40年の間に
かつてないほど変化してしまいました。
最も顕著な変化は競争の激化と情報化社会の普及です。

 

人口減少による受診人口の漸減、
歯科医師数、歯科医院数の倍増、
長期にわたる景気の低迷感、
競合歯科院との比較の簡便化などから
歯科医院経営における「リピーター対策」は
必要不可欠なものになってきています。

 

地域の人が集まるショッピングモール内に
クリニックを構えるB先生のところでは
モール全体の来場者数がピーク時の7〜8割に
落ち込んでしまったために、
連動するようにB先生のクリニックの新規患者数も
それ以上に落ち込んでしまいました。

 

そこで、
「現在治療中の患者を離脱させない」
「メンテナンス受診の長期化」
「定期検診や再初診の増加」などの
『リピーター対策』に取り組むことにしました。

 

しかし、これまでに行ってきたことは
リコールはがきを出すことくらいで、
具体的な施策がうまくイメージできないということで
私の元に相談に来られました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済