歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

1年くらいの中期的な経営ターゲットを決める

time 2018/07/25

1年くらいの中期的な経営ターゲットを決める

連日の猛暑で参っている方も多いのではないかと思います。
時折早朝の散歩に出かけるのですが、
夜が明けきらないうちに行かないと
健康増進どころか減退してしまいそうです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

この暑さのおかげで、
散歩の際には結構早起きをする羽目になります。
明るくなるのもまだまだ早いので
前日の就寝も前倒しです(笑)

 

その散歩ですが、
ルートはどうしてもワンパターンになりがちです。
何となく歩いているといつものコースを
無意識に選択してしまいます。

 

聞くところによると、脳は緊急時に備えて
極力余裕を持とうとするそうです。
つまり、サボろうとするということです。

 

考え事をしながらの散歩でも
困ったことが何も起こらずに帰宅できるのは
この機能のおかげでもあるわけです。

 

この脳の昨日は所構わず発揮されます。
それは歯科診療だろうと、歯科医院経営だろうと、
例外ではありません。

 

つまり、診療も経営も慣れてしまうと
考えなくなってしまうということです。
経営に関してはそもそもが不慣れな方が多いですから
輪をかけて考える場面が少なくなっていきます。

 

例えば、歯科医院経営というのは
院長が30〜40歳で開業される方が多いものです。

 

そうなるとそのほとんどの方は30年からそれ以上、
経営をし続けることになります。

 

しかし、経営に関しては
脱サラでラーメン屋を始める方の平均的な知識量より
さらに乏しい知識で開業する方が多いと
私は感じています。

 

そして日常診療の忙しさと脳の機能によって
経営について考えることも少ないまま…

 

これでは偶発的にうまくいく以外には
そこそこの成功を手にすることも難しくなります。

 

そこで今回は1年に1度くらいの頻度で
考えて欲しいこと、何度重ねて行っても
歯科医院経営の糧となることをお伝えします。

公開は2018年12月25日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済