歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

こんな治療がいいでしょうと言う前に患者投げかけるべきこと

time 2018/02/12

こんな治療がいいでしょうと言う前に患者投げかけるべきこと

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

人は誰しも『承認欲求』というものを持っています。
これはあなたも例外ではありません。

 

承認欲求とは、他人から認められたい、ほめられたい、
賞賛されたい、尊敬されたい、などの感情の総称です。

 

歯科医師という職業にプライドを持っている限り
我々歯科医師の承認欲求は一般の方よりも
むしろ大きいかもしれません。

 

とはいえ、その承認欲求が大きすぎなければ
モチベーションの維持などに
良い影響を与えるものでもあります。

 

ですから、ついつい自分がエキスパートであることを
患者に認識させたくなってしまいがちです。

 

エキスパートと認識してもらえれば
その後は何かと話が早くなります。

 

診療計画を受け入れてくれることも、
日常生活の注意を守ってくれることも、
自費診療の受諾も、患者に対する全ての働きかけが
よりスムーズになることでしょう。

 

このような背景もあって、
患者に対し自己アピールをして
エキスパートと認めさせたいと言う気持ちは
とてもよくわかります。

 

無意識のうちに優先してしまっているのも理解できます。
しかし、ちょっと待ってください。
物事には順番というものがあります。

 

想像してみてください。
知り合ったばかりの人に
「私は優秀なんですよ〜」とアピられても
ウザいばかりですよね。

 

では、エキスパートであると
患者に素直に認めてもらうには
自己アピールの前に何をすればいいのでしょうか。

公開は2018年7月12日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済