歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

患者へのその説明、根本的に間違ってないですか?

time 2017/12/28

患者へのその説明、根本的に間違ってないですか?

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

時折、ネットニュースや雑誌の記事で
歯科や口の健康に関連した内容のものに出会います。

 

ただ、記事を書いている記者は素人なので
微妙にずれた内容になっていることがしばしばです。

 

たまに歯科医師が寄稿した患者向けの記事でも
「各論は間違っていないけれど、
プロが話すこととしてはどうだろうか…」
というものに出くわすことがあります。

 

例えばこんな感じ

歯の短期治療を繰り返す人は要注意

歯の治療前にどこまで治したいか、
患者さんの希望を聞く歯科が多くなってきました。

患者さんからのよくある要望別に、
メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

 

よくある要望1:痛みを取る応急処置だけしてほしい

目的は痛みを取ることなのか、応急処置なのか、
はっきりさせましょう。

痛みが強い場合には応急処置では痛みは取れません。
応急処置で取れるのは、あくまで軽度の痛みだけです。

 

よくある要望2:痛いところを治してほしい(2パターン)

A.自分の口の中の状態を把握している方

3〜4ヶ月以内の定期検診を欠かさず受けている方なら
「この部分だけ治せば、しばらくは大丈夫そう」と
判断ができるでしょう。それで問題ないことが多いです。

B.最小限の治療だけにしたい方

痛みに原因が別の部位に存在することがあります。
また、現在は痛みのない虫歯が発見されることもあります。
これらの場合、トラブルの元を放置することになります。

 

よくある要望3:痛みが引いたので通院をやめたい

「痛みがない=治った」ではありません。
特に歯の神経を取った場合にありがちです。
この時点で中断すると、痛みはなくても
歯のダメージは急速に進行してしまいます。

 

何れにしても、強い痛みが出てから慌てることがないよう、
定期検診などを上手に利用して
歯の健康を維持するように心がけてください。
(概要抜粋、中略)

 

いかがでしょうか、
あなたにはどこがおかしいのかわかりますか?

公開は2018年5月28日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済