歯科医院の集患・高収益化・スタッフ管理に強くなる 幸せドクター養成所

歯科医院経営コンサルタントで現役歯科医師のDrコンがその秘訣を教える会員制歯科医院経営情報サイト 幸せドクター養成所

法人歯科医院なら使わないのがもったいない「得する裏設定」

time 2018/07/29

法人歯科医院なら使わないのがもったいない「得する裏設定」

この設定がしていない医療法人を見ると
「あぁ…法人化するときに関わった誰かさんに
知恵か親切心、もしくは両方なかったのかな…」
と思ってしまいます。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

個人事業としての歯科医院経営と医療法人化した経営…
どちらが得か?みたいな話は、
私のところにも持ち込まれることがあります。

 

歯科医院を個人経営から法人経営にすることには
メリットだけではなく、デメリットもあります。

 

しかし、それらのすべての項目が
あなたに関与してくるわけではありません。
ケースバイケースで判断するしかないというのが
正直なところです。

 

ただ、法人化するかしないかの目安はあります。
法人化の必要性はそのほとんどが「節税絡み」です。
(継承も広義では節税問題)
しかし、個人事業の形態では節税の手段に限界があります。

 

ですから、歯科医院経営の最大のメリットである
『特措法26条』の適用範囲から今後も継続的に
余裕を持って逸脱できるかどうかがポイントになります。

 

実際には個別の分析とシュミレーションが不可欠ですから
その部分に関しては専門家の助力が必要になるでしょう。

 

法人化するとなれば費用も時間も手間もかかります。
だとすれば、その活用にはシビアになっていいはずなのですが
法人成りしてしまうと安心してしまうせいか、
「あとは税理士等に丸投げ」という院長が多くおいでです。

 

せっかく様々なメリットを享受できるのに
それを活かさないのは「もったいない」です。

 

中には他所ではほとんど触れられていなくて
活用を提案すると9割以上の方に喜ばれる
いわば『得する裏設定』のメリットがあるので、
今回はそれを特別に紹介しましょう。

公開は2018年12月29日まで

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

down

コメントする

Please Login to Comment.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

セミナー動画&告知

養成所の利用方法

特設記事

実践事例紹介

幸せドクター養成所主催者

歯科医師@集患コンサル近 義武

歯科医師@集患コンサル近 義武

院長の利益を倍に!同時に働く時間を半分に!主催者自身も歯科医師でありながら、歯科医院専門の経営コンサルタントとして活躍中。「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」を手に入れるためのノウハウやマインドが山盛り満載!! [詳細]

ログイン

新規会員登録

『幸せドクター養成所』では、

会員ではない方の閲覧は

制限されています。

会員登録のお手続きはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社120パーセントへPaypalにてご決済